2022.01.02
支援団体と空き家の持ち主をマッチングするサービスの画像
アイデア権フリー

支援団体と空き家の持ち主をマッチングするサービス

💡  アイデアマン

マツオカ ヒロタカのアイコン

マツオカ ヒロタカ

更新日:2022.02.10
コメント数

4

平均滞在時間: 04分37秒

💡  アイデアマン

マツオカ ヒロタカのアイコン

マツオカ ヒロタカ

更新日:2022.02.10
コメント数

4

平均滞在時間: 04分37秒
_

コメント

なる

特に田舎で民間のサービスとして普及して欲しいサービスですね!
こういったものは地方自治体の活動が多いように見受けますが、民間の使われていない物件の扱いは大変で、田舎であればあるほど「治安の心配」などで地域住民が反対をしそうです。
また、使われていない都市近くの物件も中古リノベ市場が昨今盛り上がりをみせて、随分物件が残っていない状況かと思います。
なので、難しいかもしれませんが仕事の供給もセットにしていくことが求められそうです。。

続きを読む

01/03 12:47

マツオカ ヒロタカ

コメントありがとうございます
まぁ、感覚としてはわからなくもないんですが、治安とか言ってる場合じゃないので、地方でやってほしいですね
都市部はもうこんなのいらんでしょうが

01/04 18:12

りーどますたー

支援団体等で、確かアパート等住宅への家賃を出すというのがあったはずですが、
この時、アパート等はいわゆる民間住宅=アパートかなと思います。
これが、空き家等に一部でもなればいいのですが、オーナー側が「社会貢献」でやるのはないわけではないでしょうが、「レア」かと思います。地縁として先祖代々の名前があれば、それなりにやっていそうですが、まあ色々なんでしょうね。

寒い状況かどうかは判断次第ですが、
いわゆる高齢者向けの住宅事情も悪いはずで、R65なんて取り組みもあります。
https://r65.info/
あと、高齢者入居書を優遇して受け入れる=自治体が補助金を出すみたいな制度があったはずですが、
これもかなり寒い状況だったはずです。
https://www.safetynet-jutaku.jp/guest/index.php

空き家の利活用は、思った以上に進んでない印象があるのは、オーナー側が高齢だったり、あえて仕掛ける意味が見いだせないから動かないのかもしれないですね。

支援団体とオーナーを結びつける取り組みは、ありそうですが、これというのを知らないので新しいかもしれないですね。

続きを読む

01/05 13:12

マツオカ ヒロタカ

家賃を出すというのはありますが、手続き上通るまでに一時的な仮住まいを探す必要がありますし、物件もどこでも対応できるわけではないので、ならいっそ団体が直接使えるものをある程度の裁量で運用できたらいいよねって思いました。

「持て余しているだけの空き家なら、人が使って手入れしてくれた方がええかな~」くらいの持ち主が修繕費目当てでいいので使ってくれたらよいな~と思っています。

高齢者向けの施策にも使えますね。正直、高齢者向けは相当寒いし、本来あてにしている息子(若者)なんかも支える余裕なんてないのが正直なところで、個人的には姥捨て山じゃないけど、施設に入るほどではない生活に余裕のない高齢者に住居と自然豊かな環境を提供して、共助しつつ村のようになればいいのになって妄想しています。

続きを読む

01/05 16:27

マツオカ ヒロタカのアイコン
マツオカ ヒロタカ
💡  アイデアマン

京都市在住
普段はサラリーマンしながら、写真を撮ったりしています
ただの飲んだくれ